オルビスユー リニューアル 前

オルビスユーのリニューアル前と後|劇的に変わった3つのポイント

 

リニューアル前のオルビスユーの人気を超える

 

リニューアルした新しいオルビスユー。

 

頬にハリツヤがでた、毛穴が小さくなった、と
人気も定着してきました。

 

 

リニューアルした新オルビスをくわしくみてみる↓

 

 

でも、リニューアル前のオルビスユーも
確かに大人気でしたよね。

 

以前のオルビスユーと新オルビスユー
いったいどこが変わったのでしょうか?

 

大きく変わった3点をまとめてみました。

 

 

リニューアル前後のオルビスユーで変わった3大ポイント

 

1. 泡立たないジュレ洗顔⇒モコモコ泡のブースター洗顔へ

 

リニューアル前のオルビスユーの洗顔料は
「泡立たないジュレ」でした。

 

パウダースクラブ入りで
毛穴の汚れを掻きだすタイプ。

 

なじませるだけで時短というメリットがありつつ
「洗った気がしない」
という口コミもありましたね。

 

 

新オルビスユーは

 

リニューアル前とは正反対に

 

モロッコ溶岩クレイ配合で
毛穴の汚れを吸着。

 

モコモコ泡で心地よいと好評です。

 

すっきりとすっぴんに戻して
次の化粧水をぐんぐん浸透する
ブースター洗顔が特長です。

 

 

 

2. 肌ダメージ修復スキンケア⇒細胞レベルの感動保湿へ

 

リニューアル前のオルビスユーは

 

「HSP配合」が大きなポイントでした。

 

ヒート・ショック・プロテインとは
細胞のダメージを修復するたんぱく質。

 

さまざまな肌ダメージをケアする、という
コンセプトでした。

 

 

新しいオルビスユーは

 

肌を「細胞レベル」で水分をめぐらせる。
感動保湿。

 

渇いて痩せてしおれた肌細胞が

 

たっぷり水分で満たされて

ぷりぷりに。

 

 

 

 

3. 朝晩違う4品ケア⇒シンプル3ステップ

 

リニューアル前のオルビスユーは

 

4品ありました。
朝と夜とで使い分けるのですが
なかなか複雑。

 

 

 

新しいオルビスユーは

 


3ステップのシンプルケアに。

 

 

ずいぶん変わったようにも思いますが
パッケージの変化ほどは
大きなコンセプトは変わってないとも言えます。

 

 

テーマは一貫して

 

30歳からの
はじめての
うるおいエイジングケア。

 

それがどんどん進化して

 

バージョンアップした、
ととらえるといいと思います。

 

 

 

 

リニューアル記念「今治タオル付」お試しセット

 

新しいオルビスユーのデビュー記念キャンペーンとして

 

ふわふわの抗菌今治タオル付

お試しトライアルセット発売中です。

 

 

 

まずは、

 

初エイジングケアを気軽に体験してみてくださいね。
新オルビスユーのお試しセットはこちらから↓

 

オルビスユーはいつから?25歳でエイジングケアはまだ早い?